投資は余裕資金で行おう

最近アベノミクスのおかげで株価も上昇してきて投資を始めようかという人も結構たくさんいるようです。またNISAも始まり少額でも投資ができるようになってきたので、今まで投資とは縁がなかった人でも簡単に始められるようになりました。

 

でも少しお金が貯まったからといって投資を始めるのは少し危険です。投資はあくまで余裕資金で行うべきものだと考えるのが自然だと思います。

 

また余裕資金で投資を行うにしても、全部投資に回すのではなくそのうちの一部にとどめておくべきです。預金の場合元金が減ってしまうことはありませんが、投資の場合元金割れを起こしてしまうことがあるからです。全て投資に回してしまうと大変なことになりますので、あくまでも余裕しきんでということになります。

 

そこで投資をするとしてどんな商品に投資するのかという問題です。株や投資信託というものがありますが、最初は投資信託が無難です。株でも複数の銘柄に投資する場合リスクを分散できますが一つの銘柄だと、リスクは高くなります。

 

この点投資信託はプロが運用しますのでリスクは低いです。でも投資信託の中にもリスクが高いものもあります。ですので初めてという場合はリスクが低い銘柄を選ぶようにしましょう。インデックスファンドと言って指数に連動するような商品が最初はおすすめだとおもいます。

 

投資を始める前にはガイドブックなどで勉強してみるのがオススメです。