これで電気代が安くなったよ!我が家の電力事情

昨今、電力自由化の仕組みやメリットなどがメディアで取り上げられていますが、正直私はそんな難しいことはよくわからないです。ただ、思うに、一番大事なことは当たり前のことを当たり前にやっていくということだと思います。当たり前のこと。大きく分けて2つあります。

 

まず一つ目は、エアコンは一家に一台で十分ということを理解することです。エアコンは特に電気代を圧迫してしまう原因になりがちですが、とてつもなく大きい家でない限り、大体の部屋には扇風機で送風することが可能だと思っています。人間の適応能力は想像をはるかに超えるものがあるので一度、その生活を試してから、エアコンを捨ててみるというのも一つの手かもしれません。

 

二つ目には、我が家では夜9時には家の電気はすべて消します。これは電気代節安のためだけではなく、睡眠の質も向上するからです。今では有名な話なのかもしれないのですが、パソコンや電気、テレビ、携帯から発しているブルーライトというのは目にとても負担をかけてしまいます。

 

そしてその作用として、人間を覚醒させてしまい、眠れたとしても途中で目が覚めてしまったり、寝たのに疲労が回復しなかったなど睡眠の質を低下させてしまうことに繋がってしまうのです。なので我が家では夜の9時、どんなに遅くても寝る時間の一時間前には消灯することにしています。消灯時間を早くすることの大切さを理解すると電気代も安くなり、睡眠の質も上げるということで一石二鳥!と個人的には考えております。

バイクは交渉次第で価格アップへ

大切に扱っていたバイクを手放す決意をした時、やはり業者に買い取って貰おうと考える人が多いかと思います。

しかし、安易に選んだ業者に査定を依頼し、そして即決してしまおうという軽はずみな決断は、損をする恐れが非常に高いので注意が必要となります。ですから、必ず何社かに査定を依頼して見比べる事が重要なのです。

 

また、バイクにも売りに出すべき絶好の時期が存在するからなのです。

それは春先頃となります。この時期になると、気候的に心地良い時期ですから、バイクを利用すら人が増加するのです。

ですから、この時期に査定を依頼するのがベストなのです。冬場の寒い時期は風を切って寒いですし、敢えてこの季節にバイクを買おうとする人は少ないのです。

なので、買取業者もそこまで高値は付けないので気をつけましょう。

 

そして実際に買取をお願いする時には、車検証と自賠責保険証に身分証明書と印鑑なども必要です。

これらが用意出来ないと取引は成立しないので、前もって書類を確認しておきましょう。

 

そして値段交渉に入る際ですが、業者が提示した金額をそのまま了承してはいけません。

自分がバイクを売り込むのです。いかに丁寧に扱ってきたとか、アピールポイントを業者に述べる事も買い取り金額のアップに繋がる場合もあるのです。

 

また、何社かに査定をしていれば、他社の金額を引き合いに出して交渉するのも大切です。

一円でも高く売りたいと思うのが普通ですから、そのためにも交渉は自分の頑張りが必要なので気合いを入れて挑みましょう。