ネムの2つのメリット

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、最近ではいろいろな仮想通貨が出てきています。

それによりビットコインから新しい仮想通貨に乗り換える人も出てきています。特に最近ではネムが人気となっていてビットコインから乗り換える人が多いです。そこでネムのメリットをいくつか挙げていく事にしましょう。

 

・ブロックチェーン技術が高くなっている

 

ビットコインは台帳管理技術であるブロックチェーンというテクノロジーがありますが、ビットコインのブロックチェーンは不安な部分があるので問題点となっていました。しかしネムはブロックチェーン技術が高くなっているので不安な部分も一切なくなっています。

 

・ビットコイン以上の上昇が見込める

 

ネムの値動きはビットコインと連動する形になっています。

それにより乱高下が激しいので投資する時期を間違えてしまうと価値がすぐ下がってしまいます。しかしビットコインを上手く利用する事でビットコイン以上の上昇が見込める事にもなります。ネムの値動きはリスクもありますが、メリットになる点でもあるのです。

 

ネムはブロックチェーン技術が高くなっている、ビットコイン以上の上昇が見込めるの2つのメリットがあります。購入方法はネムを取り扱っている取引所で購入する形になります。

日本でネムを取り扱っている取引所はZAIFが一番有名で購入している人も多いです。サイトにログインして手軽に購入する事が出来るので興味のある人は他の仮想通貨からネムに乗り換えてみるといいでしょう。

ライトコインとビットコインとの違い、投資するメリット

ライトコインは2011年頃に公開された仮想通貨でです。
GoogleのエンジニアをしていたCharlie Leeさんに作られました。
発行上限は8400万枚です。ビットコインの4倍の量があります。
黎明期から流通している仮想通貨なので、現在では仮想通貨の流通額のトップ10に入いります。

 

ビットコインとの違いとメリットですが送金スピードがビットコインよりも3倍も早い長所があります。
ビットコインを送金するスピードは約10分間程度かかります。海外の口座へ送金を行う場合には問題ないですが、レストランやコンビニなど支払いで使うには遅いでしょう。

 

ライトコインはビットコインにと比較して4倍のスピードで送金を行うことが出来ます。約2分半~3分程度で送金ができます。ビットコインよりも、買い物の支払いなどで便利です。

 

他の違いとして、ビットコインはマイニング(採掘作業)に時間がかかり過ぎますし、しかも個人でビットコインのマイニングを行うのは難しいです。
ライトコインに採用されているScryptという名前のアルゴリズムは、ビットコインのアルゴリズムよりも複雑なせいでASICがまだありません。
なので個人のマイニングでも、十分にライトコインを採掘することが出来ます。

 

ライトコインは2017年の4月頃にに価格が急上昇しています。
4月前半に約4ドルであったライトコインの価格が大きく上がって、一時期は11ドル程度まで価格が上がりました。
約3倍程度の上昇しました。
これから価格がの上昇が期待される将来性のある仮想通貨です。

2017年、最大の注目仮想通貨、その名もリップル

ビットコインが引っ張る仮想通貨の世界で今話題の仮想通貨があります。

それは、リップルです。

 

リップルは、仮想通貨と呼ばれていますが正確にはリップルが仮想通貨ではありません。
リップルで使う仮想通貨はXRPです。

 

ではリップルとは、なんなのかと言うとXRPを使って金融機関間の決済や送金を安く簡単にするためのシステムのことです。
リップルを導入すれば今まで面倒だった銀行間や国同士の取引にかかる手間と時間とコストを大幅に軽減することができると言われてます。

 

リップルのシステム内でおこなわれる取引をIOUといいます。

IOUとは、I OWE YOUの略です。分かりやすく説明すると借用書みたいなものと思って頂ければいいと思います。
AとBの取引をリップルが間に入って激安の手数料で全部やってくれるシステムとイメージすれば分かりやすいと思います。

 

では仮想通貨としてのリップルの評価はどうなんでしょうか?

仮想通貨としてのリップルの評価は、あまり芳しくありません。
どちらかといえば燻っている感じです。

 

が2017年3月に状況が一変する事件が起こりました。
「送金効率化へ世界連合」のニュースが飛び込んできました。
米欧豪の大手6行と三菱東京UFJ銀行が次世代型の国際送金サービスを始めるというニュースです。
しかもそのシステムにリップルの技術を活用するという衝撃的な内容でした。

 

そのニュースをうけて方向性に乏しい値動きだったリップルの価格が一気に急上昇しています。
これはビックチャンスの到来かもしれません。
リップルが将来性バツグンなのは、間違いないと思います。
私ならリップル買いをオススメしますが、投資は自己責任でお願いします。

イーサリアム仮想通貨とスマートコントラクトの説明とその将来性

ビットコインの次に有名な第2位の仮想通貨がイーサリアム仮想通貨です。イーサリアム仮想通貨の通貨単位はイーサと言い、それ以外に利用者がスマートコントラクトを扱うことが可能な柔軟性に富んだ仮想通貨だと言われています。

 

スマートコントラクトとは、日本語に変換すると「賢い契約」となります。

本来現金とは似ているようで違う価値だと認識され、ネット上で取り扱って取引される仮想通貨は、取引においての記録の全てが「ブロックチェーン」と言われるネット上の記録台帳に記されています。

 

コンピューターが人の目には見えないロボットとしてこの情報を記録していますが、自動的に命令を出して契約を遂行し、契約成立前と成立後のデータ改ざんができなくなる賢い契約がスマートコントラクトです。人の目には見えないロボットが、ネット上の仮想通貨において完璧に監視して、悪事ができないような選択を賢く判断できているという意味です。

 

イーサリアムはビットコインより誕生が遅く、2015年7月に誕生してまだ日が浅いのに2位の状態を保っています。イーサリアムのスマートコントラクトの高い技術面を他企業が認め、イーサリアムのスマートコントラクトを上手く活用した開発が他企業と提携して進められている段階なので、この開発が上手くいけば、1位と2位の差をかなりつけて1位に輝いているビットコインを抜ける可能性もゼロではないと考えられるので、現段階で発展が期待できるイーサリアムは将来性があると私は感じます。