アパート探しで気をつけなければならない費用の問題について

家賃が安いアパートを探すのは基本中の基本ですが、敷金と礼金にも気をつけなければなりません。敷金というのは、アパートの家主さんが家賃滞納やトラブルに関することを考慮して、最初に預かっておく保険としてのお金のこと。

 

礼金は、建前上は家主さんへの感謝の気持ちとして払うお金のことです。礼金は引っ越した時に一回こっきり支払うお金で返却はされませんが、敷金は後々引っ越す時に一部または全てのお金が返却される仕組みです。

 

基本的には、引っ越す際のハウスクリーニング代を差し引いた金額が手元に戻ってきます。ハウスクリーニング代は、アパートによって最初から明記されている場所もあるので、詳しくは引っ越す予定のアパートの詳細を確認してみてください。

 

また、敷金償却と契約に書かれている物件の場合は、敷金償却期間の分のお金は返却されません。例えば、敷金3ヶ月敷金償却1ヶ月と書かれている場合は、敷金償却を差し引いた2ヶ月分の家賃代しか返却されないということです。

 

長々と書きましたが、要は、敷金礼金が契約に含まれている場合は、家賃の他にも費用がかかってしまいますよ、ということ。その分の予算を計算した上で引っ越しを考えたり、敷金礼金を必要としないアパートを見つければ何も問題はありません。

 

しかしながら、アパートを探す上で契約事項にしっかりと目を通さないと、上記のような落とし穴が存在しているのも事実です。立地や交通アクセスや設備などだけに目を向けず、引っ越しにかかる本当の費用に注意してアパート探しをしてみてください。