イーサリアム仮想通貨とスマートコントラクトの説明とその将来性

ビットコインの次に有名な第2位の仮想通貨がイーサリアム仮想通貨です。イーサリアム仮想通貨の通貨単位はイーサと言い、それ以外に利用者がスマートコントラクトを扱うことが可能な柔軟性に富んだ仮想通貨だと言われています。

 

スマートコントラクトとは、日本語に変換すると「賢い契約」となります。

本来現金とは似ているようで違う価値だと認識され、ネット上で取り扱って取引される仮想通貨は、取引においての記録の全てが「ブロックチェーン」と言われるネット上の記録台帳に記されています。

 

コンピューターが人の目には見えないロボットとしてこの情報を記録していますが、自動的に命令を出して契約を遂行し、契約成立前と成立後のデータ改ざんができなくなる賢い契約がスマートコントラクトです。人の目には見えないロボットが、ネット上の仮想通貨において完璧に監視して、悪事ができないような選択を賢く判断できているという意味です。

 

イーサリアムはビットコインより誕生が遅く、2015年7月に誕生してまだ日が浅いのに2位の状態を保っています。イーサリアムのスマートコントラクトの高い技術面を他企業が認め、イーサリアムのスマートコントラクトを上手く活用した開発が他企業と提携して進められている段階なので、この開発が上手くいけば、1位と2位の差をかなりつけて1位に輝いているビットコインを抜ける可能性もゼロではないと考えられるので、現段階で発展が期待できるイーサリアムは将来性があると私は感じます。