2017年、最大の注目仮想通貨、その名もリップル

ビットコインが引っ張る仮想通貨の世界で今話題の仮想通貨があります。

それは、リップルです。

 

リップルは、仮想通貨と呼ばれていますが正確にはリップルが仮想通貨ではありません。
リップルで使う仮想通貨はXRPです。

 

ではリップルとは、なんなのかと言うとXRPを使って金融機関間の決済や送金を安く簡単にするためのシステムのことです。
リップルを導入すれば今まで面倒だった銀行間や国同士の取引にかかる手間と時間とコストを大幅に軽減することができると言われてます。

 

リップルのシステム内でおこなわれる取引をIOUといいます。

IOUとは、I OWE YOUの略です。分かりやすく説明すると借用書みたいなものと思って頂ければいいと思います。
AとBの取引をリップルが間に入って激安の手数料で全部やってくれるシステムとイメージすれば分かりやすいと思います。

 

では仮想通貨としてのリップルの評価はどうなんでしょうか?

仮想通貨としてのリップルの評価は、あまり芳しくありません。
どちらかといえば燻っている感じです。

 

が2017年3月に状況が一変する事件が起こりました。
「送金効率化へ世界連合」のニュースが飛び込んできました。
米欧豪の大手6行と三菱東京UFJ銀行が次世代型の国際送金サービスを始めるというニュースです。
しかもそのシステムにリップルの技術を活用するという衝撃的な内容でした。

 

そのニュースをうけて方向性に乏しい値動きだったリップルの価格が一気に急上昇しています。
これはビックチャンスの到来かもしれません。
リップルが将来性バツグンなのは、間違いないと思います。
私ならリップル買いをオススメしますが、投資は自己責任でお願いします。