ライトコインとビットコインとの違い、投資するメリット

ライトコインは2011年頃に公開された仮想通貨でです。
GoogleのエンジニアをしていたCharlie Leeさんに作られました。
発行上限は8400万枚です。ビットコインの4倍の量があります。
黎明期から流通している仮想通貨なので、現在では仮想通貨の流通額のトップ10に入いります。

 

ビットコインとの違いとメリットですが送金スピードがビットコインよりも3倍も早い長所があります。
ビットコインを送金するスピードは約10分間程度かかります。海外の口座へ送金を行う場合には問題ないですが、レストランやコンビニなど支払いで使うには遅いでしょう。

 

ライトコインはビットコインにと比較して4倍のスピードで送金を行うことが出来ます。約2分半~3分程度で送金ができます。ビットコインよりも、買い物の支払いなどで便利です。

 

他の違いとして、ビットコインはマイニング(採掘作業)に時間がかかり過ぎますし、しかも個人でビットコインのマイニングを行うのは難しいです。
ライトコインに採用されているScryptという名前のアルゴリズムは、ビットコインのアルゴリズムよりも複雑なせいでASICがまだありません。
なので個人のマイニングでも、十分にライトコインを採掘することが出来ます。

 

ライトコインは2017年の4月頃にに価格が急上昇しています。
4月前半に約4ドルであったライトコインの価格が大きく上がって、一時期は11ドル程度まで価格が上がりました。
約3倍程度の上昇しました。
これから価格がの上昇が期待される将来性のある仮想通貨です。