2017年、最大の注目仮想通貨、その名もリップル

ビットコインが引っ張る仮想通貨の世界で今話題の仮想通貨があります。

それは、リップルです。

 

リップルは、仮想通貨と呼ばれていますが正確にはリップルが仮想通貨ではありません。
リップルで使う仮想通貨はXRPです。

 

ではリップルとは、なんなのかと言うとXRPを使って金融機関間の決済や送金を安く簡単にするためのシステムのことです。
リップルを導入すれば今まで面倒だった銀行間や国同士の取引にかかる手間と時間とコストを大幅に軽減することができると言われてます。

 

リップルのシステム内でおこなわれる取引をIOUといいます。

IOUとは、I OWE YOUの略です。分かりやすく説明すると借用書みたいなものと思って頂ければいいと思います。
AとBの取引をリップルが間に入って激安の手数料で全部やってくれるシステムとイメージすれば分かりやすいと思います。

 

では仮想通貨としてのリップルの評価はどうなんでしょうか?

仮想通貨としてのリップルの評価は、あまり芳しくありません。
どちらかといえば燻っている感じです。

 

が2017年3月に状況が一変する事件が起こりました。
「送金効率化へ世界連合」のニュースが飛び込んできました。
米欧豪の大手6行と三菱東京UFJ銀行が次世代型の国際送金サービスを始めるというニュースです。
しかもそのシステムにリップルの技術を活用するという衝撃的な内容でした。

 

そのニュースをうけて方向性に乏しい値動きだったリップルの価格が一気に急上昇しています。
これはビックチャンスの到来かもしれません。
リップルが将来性バツグンなのは、間違いないと思います。
私ならリップル買いをオススメしますが、投資は自己責任でお願いします。

イーサリアム仮想通貨とスマートコントラクトの説明とその将来性

ビットコインの次に有名な第2位の仮想通貨がイーサリアム仮想通貨です。イーサリアム仮想通貨の通貨単位はイーサと言い、それ以外に利用者がスマートコントラクトを扱うことが可能な柔軟性に富んだ仮想通貨だと言われています。

 

スマートコントラクトとは、日本語に変換すると「賢い契約」となります。

本来現金とは似ているようで違う価値だと認識され、ネット上で取り扱って取引される仮想通貨は、取引においての記録の全てが「ブロックチェーン」と言われるネット上の記録台帳に記されています。

 

コンピューターが人の目には見えないロボットとしてこの情報を記録していますが、自動的に命令を出して契約を遂行し、契約成立前と成立後のデータ改ざんができなくなる賢い契約がスマートコントラクトです。人の目には見えないロボットが、ネット上の仮想通貨において完璧に監視して、悪事ができないような選択を賢く判断できているという意味です。

 

イーサリアムはビットコインより誕生が遅く、2015年7月に誕生してまだ日が浅いのに2位の状態を保っています。イーサリアムのスマートコントラクトの高い技術面を他企業が認め、イーサリアムのスマートコントラクトを上手く活用した開発が他企業と提携して進められている段階なので、この開発が上手くいけば、1位と2位の差をかなりつけて1位に輝いているビットコインを抜ける可能性もゼロではないと考えられるので、現段階で発展が期待できるイーサリアムは将来性があると私は感じます。

bitFlyerで安心できるビットコインの取引をしよう

皆さんはbitFlyerという会社を知っていますか?
bitFlyerという会社は国内で初めてできたビットコインを取引できるシステムを作った会社です。
2014年に誕生した新しい会社ですが、安心してビットコインの取引が出来るようになっています。

 

こういう新しいシステムが出てくると必ず危険ではないのかと不安があると思います。
しかし、bitFlyerは安全で信頼できる会社です。

 

なぜかというとbitFlyerはビットコインの事業を行っている企業で初めて監査法人との契約をされています。
ビットコインというと危険なイメージがどうしてもあるので、安全にすごく気を付けています。

 

ブロックチェーンと言われる暗号技術によりデータの改ざんなど第三者が不正ができないので安全に取引が出来る信頼性も兼ね備えています。
このような観点から日本でビットコインを売買するなら一番おすすめ取引所です。
ビットコインを売買する上で気を付けることをお教えします。

 

ビットコインという仮想通貨には、まだ公正な価値を算定させる方法が決められていません。
ファンダメンタルズという価値を算定する方法がまだないので、ニュースによって価格が大きく変動します。さらに何もニュースがなくても需給のバランス、つまり売買の量によって価格が大きく変動してしまう危険があります。

 

しかしながら、新しい仮想通貨法ができたことによりビットコインが当たり前に売買される日も近づいています。bitFlyerはすでに日本最大の取引所ですし、これから世界中で使われるようになっていくでしょう。

ビットコインを使うメリットと注意点

ビットコインはインターネット上で行う分散型仮想通貨の事でインターネットの発達とスマートフォンの普及によってここ数年でビットコインを使う人が増えてきています。

 

それでビットコインを使ってみたいと考えるようになりますが、どのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

 

・直接相手に送金する事が出来る

通貨で送金を行う時は銀行などを仲介する必要がありますが、ビットコインは直接相手に送金する事が出来ます。それにより送金する時に手間がかからなくなるのでメリットに感じる人も多いです。

 

・送金手数料が安くなる

取引をする時は手数料が発生する事も多いですが、ビットコインは手数料が安いのでメリットに感じる人も多いです。最近では手数料が無料になる事も多いのでビットコインを使う方がお得になります。

 

・世界中で同じ通貨が利用出来る

取引をする時に国によって通貨の単位が異なると面倒に感じてしまう事もありますが、ビットコインを使う事で世界中で同じ通貨が利用出来るようになります。

参考:【仮想通貨の始め方】ビットコイン(Bitcoin)の将来性について

それにより通貨の単位が異なる面倒な部分もなくなるのでメリットに感じる人も多いです。

 

ビットコインを使うとこのようにメリットが多いですが、注意点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。ビットコインを使う事が出来る店舗も最近では少しずつ増えてきていますが、まだ少ないので不便に感じてしまう可能性もあります。

 

またレートが常に変動しているので利用価値が半減する可能性もあります。注意点もあるのでビットコインを使う時はしっかり覚えておきましょう。

電車で生活するのなら、笠松町がおススメ!

一言で岐阜県と言っても非常に広く、生活スタイルによって住みやすい場所は大きく異なってきます。そんな岐阜県でも、電車を使って、名古屋などへ行く事を考えるとやはり、愛知県寄りの岐阜市内か笠松町がおススメになります。

 

特に笠松町の場合、町と言う昔ながらの良さの中に交通の便が非常に便利な場所になっています。地方の場合、どうしても、車がなければ通勤できないと言った地域も多くなっていますが、笠松町の場合、名鉄名古屋本線の他、名鉄竹鼻線があり、名古屋市内にも便利に通う事が可能になっています。

 

ただし、駅付近自体に賑わいがあるとは言えません。利用人数は非常に多い駅になっているのですが、駅付近が栄えているととは言えない為、買い物には、少し不便な思いを感じる場合もあるかと思います。しかし、名古屋市内にも便利な場所になっている為、買い物は名古屋市内で行うと言った人の場合、さほど、苦痛を感じる事はないかと思います。日用品などの場合は、もちろん、笠松町内で買い物は可能になっている為。

 

交通の便がよく、名古屋市内に近いにも関わらず、自然豊かな笠松町。その上で、家賃も非常に安く、少しでも家賃の費用を抑えたい人には、とても、お勧めの場所になっています。大規模なマンションはありませんが、2階建てコーポなどは多く、非常に安い家賃で入居する事が可能になっています。土地柄、駐車場も完備している所が多いと言う点も魅力的な点になっていると思います。